calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

段取りを組む力

0
    段取り力、読みました。
    というか、一度読んでたのですが、改めて。
    段取り力
    段取り力
    齋藤 孝

    最初は、筆者が定義した段取り力を当てはめるために、
    様々な人の段取りが紹介されている。拍手

    スポーツ選手、映画監督、などなど。
    「段取り力」って、結局、ある目標、目的に向かって、
    段階的に準備、作業、手順をくみ上げていく力だと思う。
    ということはまず、目的、目標を設定できる力が必要だと思われる。
    それは、一日の仕事にしろ、遊びの準備にしろ、人生にしろ・・・
    例えば、旅行に行く、会議をする、なんて目的があれば、
    それに向かって準備を進めていく、ってのはやりやすいし、
    その力を鍛えやすい。
    でも、目的を与えられていない状況から、
    段取りを組むまでの段階まで進むための目的・目標設定が
    難しいのだと思う。しょんぼり

    言われたことを単にこなしてきた、のであれば、
    段取り力を鍛えることって難しいと思う。

    なぜ、そう言われたか?

    とか、

    なぜ、そうしなければならないか?

    と考えながら「こなす」のであれば別だろうけど。
    こういうのは、やはり、親なり、先生なり、先輩なり、が
    気付かせてこそ、鍛えられていくんだと思う。
    また、鍛えられた人が育っていくんだと思う。

    と、言うことは、気付かせる必要があることに気付かない、
    親とか先生とか先輩とか。。。。は?悲しい

    試験合格

    0
      2回目にチャレンジで、情報処理技術者試験に合格しました。

      実は、アプリケーションとデータベースは2回ずつくらい落ちてますけど・・・たらーっ

      結局。。。どれだけ勉強時間を作れるか?なのかなぁと思いました。
      それでも合格率は10パーセント前後なんだから、それなりに知識は必要か・・・。

      今年はちゃんと参考書を買って勉強しました。

      3週間完全マスター テクニカルエンジニア(ネットワーク) 2008年版
      3週間完全マスター テクニカルエンジニア(ネットワーク) 2008年版
      都丸 敬介

      この参考書は良かったです。合格した後でも、勉強のために置いておくつもりです。
      やはり、多少の知識(ネットワーク)があるほうがいいですが、
      基礎から学習することができます。

      この業界に入って6年くらいですが、どうしても、ネットワークが発展していった歴史が弱いんですよね。
      電話の通信方式やISDNの仕組み、など。

      今ではADSL,光で当たり前のようにインターネットに接続できますが、
      その基礎となっていった通信の歴史を学習することは、非常にためになります。

      とにかくこの本を全部読み、まだ苦手だな、と思うところをもう一度読みました。

      さて、春はデータベースか、情報セキュリティか。。。
      この業界、勉強を止めると終わりですからねぇ

      時間の感覚

      0
        久しぶりに映画館で映画を観ました。優待チケットを入手したので。

        「容疑者Xの献身」

        まさに、献身 というべき容疑者の行動に、思わず涙 でした。

        ところで、この映画での1場面。

        物理学者・湯川が数学者・石神にある問題の検証を依頼した。
        石神は夢中で問題の検証にあたり、その間、湯川は眠ってしまった。
        石神が検証を終え落ち着いたとき、湯川が目を覚ました。
        石神は湯川に検証の結果を伝えた。そして湯川は、
        「たった6時間で検証してしまうとは・・・やはり、オマエは天才だよ」
        と言う。


        この感覚を、いったい何人理解くれるだろうか・・

        私の関わるソフトウェアでも、ある問題が発生すると、
        その問題の解決に1週間かかる、なんてことが、よくある。
        しかも、問題は突然発生するものだ。

        まさか、天才数学者が問題を解くのと同じことだ、などと大きなことは言えるはずも無いけど、
        実際に

        「問題を解決する」っていう行為が、どれだけ時間がかかるものなのか?

        とことは、経験したことが無いと、なかなか理解できないのだと思う。


        コラボレーション

        0
          コーゾーさんのブログを見て、今まさに読んでる本に関連していました。


          コーゾーさんブログ 「誰のために」を自問する


          その本は、

          ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ
          ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ
          ドン・タプスコット/アンソニー・D・ウィリアムズ

          ソフトウェア開発者としては、
          誰かに使ってもらうために、誰かに喜んでもらうために、
          ソフトウェアを作っている、といいうことが非常に大きいです。
          それが、喜びであり、糧であります。

          役に立たないソフトウェアを作っても仕方が無いし、
          誰にも使われ無いソフトウェアを作っても仕方が無い(実際にはある話ですが)。
          Linuxのようなオープンソースソフトウェアは、まさにソフトウェア技術者が、

          ・多くの人に使ってもらえるソフトウェアを提供したい
          ・よりよいソフトウェアを提供したい
          ・そして、そんな開発に参加できている自分に誇りを持ちたい

          という気持ちから集まり、無償で開発をおこなって、
          非常に優秀なソフトウェアが完成していっています。

          まずは、高い意識を持って、これからもソフトウェア開発に携わっていきたい。

          抜糸完了

          0
            8月24日のフットサルで、対戦相手の子と正面衝突。
            私のアゴと相手の額が激突し、二人ともぱっくり切れました。

            一応、血がドボッと出てたので、救急車で病院へ。
            灘駅近くの神鋼病院で縫合してもらいました
            (そのときはまだ、どこの病院だかわかってませんでしたが)。

            それを今日やっと、抜糸しました。
            なん針縫ったのか、分かってませんでしたが、
            7回糸を切っていたので、7針縫っていた!?ということで
            いいんでしょうか・・・。

            とにかく1週間、アゴが洗えなくてつらかった・・・。
            頭も自分でまともに洗えないので、ヨメに洗ってもらってました
            (介護状態です、はい)。
            感謝してます、ヨメ様。

            記録:
            縫ってから、ある程度傷がくっついてカサブタになるまで約1週間かかりました。
            激突時にあごを強打したのですが、まともに噛めるようになる(食事ができるようになる)まで、
            約10日かかりました。

            ケガには気をつけましょう、ホント。

            帰省・・・!?

            0
              今年もヨメの実家の島根県江津市まで行ってきました。

              毎回のことだけど、特に行くところ、ないんだよねぇ〜〜 ぶー
              ま、ゴロゴロ、ダラダラ でいいですけど てれちゃう

              今年は、仕事が終わったその日の夜に出発して、3泊4日。

              2日目に、グリーンモール(江津といえば、ココ!みたいな・・・ 見る
              残念ながら、雨でしたが、やぐら ってヤツをちょっと見ました。

              江津のやぐら2008

              | 1/1PAGES |